2018年12月10日月曜日

2019年01月のDPG勉強会



2019年01月の勉強会のラインナップは以下の通りです。(参加料500円となりました)


「選択範囲を制する者はPhotoshopを制する」第二弾!!
 担当:岩本

今回は、前回リクエストのあった選択範囲で最も難しい髪の毛を選択して背景を差し替ます。
あるいは背景をぼかしてピン浅写真に仕上げます。
時間が許せばプラグインの選択範囲を作成するソフトもご紹介いたします。
前回の第1弾は・・・
選択範囲を設定しなくてもできる合成作業。
選択範囲を設定しなくてはできない作業。
面倒な選択範囲はどんなツールが適しているのか、等々・・・。
また前々回は「不要なものを消す」では「コンテンツに応じて塗りつぶす」が結構便利であることをお伝えしました。
選択範囲の設定は画像処理で最も大切で綿密な作業が要求されます。
短い時間ではありますが是非参考にしていただき、より高度で効率の良い作業の参考にして頂ければと思います。


「最新のFinal Cut Pro Xはカラーグレーディング機能が大進化!」
 担当:小島


走り去るクルマや風に揺れる樹々はもちろん、普通のインタビューでも人物は動くものです。
そう、映像では被写体が動くコトは当たり前のこと。
写真ならばPhotoshopを用いてササッとクイックマスクで選択範囲を作り、カラー調整すればOKです。
では、どんどん動いて行くクルマだけをカラー調整をするにはどうすれば良いのでしょうか?
Final Cut Pro X(以下、FCP-X)は、ver.10.4からカラーグレーディング機能が大きく進化しました。
動く被写体を選択的にカラー調整する方法は大きく分けて2つ。
この2つを理解し、更にはその合わせ技も習得すればどんな動きにも付いて行くカラー調整が完成します。


「写真・集」
 担当:川上・古島

「冬は熱い! フィギュアスケートを撮る写真家」   
「湿板写真 その奥に…」
今回も写真文化について語ります。


「iPhone X以降世代の被写界深度エフェクトと撮影後のピント位置調整、iOS 12.1とmacOS 10.14 Mojaveの新機能。QRコード決済。そして海外でのiPhone XS、Apple WatchとApple PayのeSIM利用」
 担当:廣瀬

iPhone X以降のiPhoneでは、背景ぼかしと撮影後の被写界深度調整が出来るようになりました。それにプラスして裏技で撮影後にピント位置の調整も出来ます。その方法は?
macOS 10.14 Mojaveの新機能の中で画面キャプチャーとデスクトップのスタックの紹介。
今はやりのQRコード決済について。
iPhone XS、XS MAX、XRに搭載されたeSIMが実際に海外でどう使えるかの検証報告。
以上を時間の許す範囲でお話します。



2019年01月12日 土曜日 午後1時15分より午後5時まで
午後12時45分より受け付け

参加料 500円 


定員:20名

申し込み:photo_semantic@mac.com 
現在お申し込みとお問い合わせはメールでのみ受け付けています。
会場:江東区産業会館 第5展示室
   東京都江東区東陽4-5-18

2018年10月4日木曜日

2018年10月のDPG勉強会



2018年10月の勉強会のラインナップは以下の通りです。(参加料500円となりました)


今回は岩本さんは多摩美の授業。小島さんは、取材先様の御都合でお休みです。


「写真・集」
 担当:川上・古島

湿板写真、その失敗しない写真
湿板写真はアナログなのにハイテクでした。


「校正のお約束
 担当:清藤

初校の見方、指示出し。

校正にはいろいろな記号のようなものがあるだけでなく、写真家が色の指示を出すときに印刷側に伝わりやすい言葉使いもあるはずです。
今回は、印刷会社OBの清藤さんに印刷側に伝わりやすい指示の出し方を教えていただきます。

「iOS 12とmacOS 10.14 Mojaveの新機能。そしてiPhone X、Apple WatchとApple Payの旅」

今回は、iOS 12とmacOS 10.14 Mojaveの新機能の話と、9月の末から10月の初めまでの海外の旅で、いかにiPhoneとApple Watch種に、モバイル決済が日本経済の今後にどうして重要かのお話をしたいと思います。




2018年10月20日 土曜日 午後1時15分より午後5時まで
午後12時45分より受け付け

参加料 500円 


定員:20名

申し込み:photo_semantic@mac.com 
現在お申し込みとお問い合わせはメールでのみ受け付けています。
会場:江東区産業会館 第4展示室
   東京都江東区東陽4-5-18

2018年6月12日火曜日

2018年07月のDPG勉強会



2018年07月の勉強会のラインナップは以下の通りです。(今回から参加料500円となりました)


「選択範囲を制する者はPhotoshopを制する」
 担当:岩本

テーマは過激ですがPhotoshopで行う作業のほとんどが選択範囲の作成です。
部分的な明暗の調整、色調の調整、コントラストの調整、被写体と背景の部分調整、ピン浅写真等々。
選択範囲の精度が大きく作品の品質を左右します。
今回は効率的な選択範囲の作成方法をご紹介します。



「ムービー撮影・Log収録のカラーグレーディング」
 担当:小島

ムービーカメラでのLog収録のメリットは何でしょうか?
12〜15ストップ(12〜15絞り)という広いダイナミックレンジを収録できるので、後処理のカラーグレーディングによって思い通りの色調・コントラストに映像を仕上げることができます。
ただ、撮ってきたままのLog映像はコントラストは低く、色調も薄い、すごく眠い映像です。
この映像を現在の放送標準(Rec.709)やWebのsRGB色空間に正しく変換する方法と、Log収録の広いダイナミックレンジを活かした演色方法をDaVinci Resolve14を使って解説します。



「像のはな子」
 担当:川上・古島

写真集 「はな子のいる風景」
一冊の写真集について思うこと。



「画面共有を使ってテクニックをシェアしよう
 担当:廣瀬

前回、第100回記念の勉強会で、勉強会の頻度をもっと増やして欲しいという要望をいただきました。ご要望の趣旨は、勉強会の頻度が3ヶ月に1回だと、前回の情報を維持できず、勉強が深まらないということだと思います。
とはいえ、勉強会の準備には一定程度時間がかかり、運営委員の負担も少なくありません。
しかも、勉強会ではスクール形式でおこなうので、参加者一人一人の疑問点に必ずしも対応できません。そこで、勉強会と勉強会の間の期間、運営委員と参加者の方の都合のいい時間に、わざわざ集まらないで、自宅から自宅、事務所から事務所の間で画面共有して疑問点の情報を共有する方法を提案したいと思います。
今回はMac同士でとても簡単に画面共有する方法と、若干の手続きは必要ですがWindowsとMacの間で画面共有する方法をお伝えします。
それと、時間があれば海外でApple Payを使う体験記をお話しできればと思います。Apple Payは支払先にクレジットカード番号や個人情報が伝えないで支払いができるので、クレジットカードの不正利用を防ぐことができ大変安全な支払い方法です。ロケで海外に出ることが多い皆さんにも役に立つと思います。



2018年07月07日 土曜日 午後1時15分より午後5時まで
午後12時45分より受け付け

参加料 500円 


定員:20名

申し込み:photo_semantic@mac.com 
現在お申し込みとお問い合わせはメールでのみ受け付けています。
会場:江東区産業会館 第4展示室
   東京都江東区東陽4-5-18

2018年3月11日日曜日

第100回記念参加無料、2018年04月のDPG勉強会



2018年04月の勉強会のラインナップは以下の通りです。


「初めてのPhotoshop」
 担当:岩本

この時期初めてPhotoshopに触れる人もいるでしょう。
そんな方達のために少しでもお役に立てるように「初めてのPhotoshop」を行います。
画像処理の基礎を学ぶにあたって以下のことが理解できればあとは簡単です。
レイヤーとレイヤーマスク。
クイックマスクとチャンネル。
調整レイヤー、描画モード・・・等々。
レイヤーとレイヤーマスクで断念された方ももう一度Photoshopにチャレンジしてみませんか。



「Final Cut Pro X ver.10.4の本格的カラーグレーディング」
 担当:小島

Final Cut Pro X(以下FCP-X)は最新バージョン(ver.10.4)になってカラーグレーディング・ツールがが大幅に機能アップされました。
FCP-X独自の使い方だったカラー調整ツールに加え、今回は汎用的なツールが3つ追加されたことでより分かりやすく使いやすくなっています。
基本的な色調整はもちろん、自分の好みに仕上げる演色(カラーグレーディング)の方法まで解説します。
もしも時間が許せば、FCP-Xの弱点であるマスク(選択範囲)のトラッキング(動きに合わせて追尾)方法も解説します。



「写真・集 その9」
 担当:川上・古島

大正時代から昭和にかけて活躍した写真家 飯田幸次郎 について語ってみます。



「ようやく届いた招待状 “Amazon Echo Dot を使ってみて」
 担当:廣瀬

昨年から招待リクエストを出していた“Amazon Echo Dot”の招待がようやく2月6日届きました。
米国でもっとも売れているスマートスピーカーが日本版でも使い物になったのか否か?
米英豪ではAppleのHomePodも発売されました。そちらの情報も織り交ぜて話します。
スマートホームの要になるスマートスピーカーは、これからの生活や仕事に大変重要なデバイスになると思います。このジャンルは継続的にウォッチしていきますが、現状のご報告を。



2018年04月07日 土曜日 午後18時15分より午後21時まで
午後17時45分より受け付け

参加料 無料 


定員:20名

申し込み:photo_semantic@mac.com 
現在お申し込みとお問い合わせはメールでのみ受け付けています。
会場:江東区産業会館 第2会議室
   東京都江東区東陽4-5-18

2017年12月12日火曜日

2018年01月のDPG勉強会



2018年01月の勉強会のラインナップは以下の通りです。


「Photoshopを極める」
 担当:岩本

画像処理はできることなら避けたい。
しかし画像処理を施さなければならないのなら、簡単で最小限にしたいものです。
普段から使い慣れたPhotoshopも一工夫することで作業効率が上がります。
そんな一工夫をご紹介いたします。
今回は「不要なものを取り除く」場合を想定します。
「コピペ」「コピースタンプツール」「スポット修復ブラシ」「修復ブラシ」「バッチツール」「コンテンツに応じて塗りつぶす」
これらのツールをどのように使うかで仕上がりの精度も時間も大きく変わります。
改めてツールの特徴を理解して精度の高い画像処理を短時間にできるよう勉強いたしましょう。


「DaVinci Resolve・カラコレのキーフレームとトラッカーを理解する」
 担当:小島

DaVinci Resolveはフィルム映画の時代から世界中のポストプロダクションや編集室で使われてきたカラーコレクション(色補正)・カラーグレーディング(色調処理で映像の世界観を表現する)のアプリケーション(基本的に無料ソフト)です。
今回は色の調整から一歩進んだツールとして"キーフレーム"と"トラッカー"を紹介します。
野外から室内への移動撮影、蛍光灯の部屋から電球の部屋への移動など、カットの途中から露出やホワイトバランスが変わってしまった時はどんなツールで色調処理すれば良いのでしょう?
動き続ける人物の顔やクルマを撮影、逆に動かない建物や看板、空でもパン(カメラを横振り)やズームをしている時には色調処理した選択範囲が追いかけてくれないと困ってしまいます。
そんな時に使えるツールが"キーフレーム"と"トラッカー"です。
特にDaVinci Resolveの"トラッカー"は縦、横、回転だけでなく、ズームや遠近3Dにも追随する優れものです。
いくつかの実例映像で、その性能を実感してください。



「写真・集 その8」
 担当:川上・古島

古島さんは「群写類従-4」
昔の料理写真と、思わぬ出合い。

川上さんは「以紙伝心-4」。
20年以上未現像フィルムから…


「Google AssistantとApple Siri」
 担当:廣瀬

前回は、スマートスピーカーを紹介しつつ、人工知能が僕らの生活や仕事をどう変えるか考察しましたが、今回は実際にGoogle Home Miniを購入してAppleのSiriと比較したレポートをお届けします。スマートスピーカーもそれなりに使い道があるものの、Apple Siriがいかに優秀か実感する1ヶ月のレポートです。

2018年01月13日 土曜日 午後1時15分より午後5時まで
午後12時45分より受け付け

参加料
一般     2500円 
学生・教職員 1500円

新規受講者をともなった受講者は紹介者受講料無料
「お助けハンズオン」
ノートパソコンを持ち込み隣の受講者と画面を見せあって受講できる方は、500円割引します。

定員:20名

申し込み:photo_semantic@mac.com 
現在お申し込みとお問い合わせはメールでのみ受け付けています。
会場:江東区産業会館 第5展示室
   東京都江東区東陽4-5-18

2017年9月24日日曜日

2017年10月のDPG勉強会


2017年10月の勉強会のラインナップは以下の通りです。


「実践 Affinity Photo」
 担当:岩本

Affinity Photo の実践としてRAW データを読み込み、画像処理を行い最後に別名保存をする。
一連の作業工程を説明します。
その作業工程の中での画像処理内容はAffinity Photo がPhotoshop より得意とするツールを重点に紹介します。
「選択ブラシツール」選択範囲を自動選択するツール。
複雑な形をブラシでなぞるだけで簡単に選択することができます。
「インペインティングブラシ」不要物を消去するブラシ。
電線消しには最適です。
「グラデーションツール」Photoshop と違い、グラデーションのプレビューを見ながら始まり、終わりの色や濃度を変えられます。
もちろんグラデーションの中間点の移動、角度も画像を見ながら変更ができます。
このツールの使用により次第に明るくしたり暗くしたり、連続的に色調を変更する事が簡単に行えます。
上記にあげましたツール等を使用して料理写真では湯気の合成、レイヤーマスクを使用した各部分の明るさ、コントラスト、色調の調整を具体的に行います。
建築写真は電線消し、パースの修正、空の合成等を行います。

「メジャーアップデートした"DaVinci Resolve14"を紹介」
 担当:小島


映像の編集からカラーグレーディング、書き出しまでがオールインワンで出来てしまう"DaVinci Resolve"がver.14にメジャーアップデートしました。パフォーマンスが最大10倍速となり高スペックマシンでなくとも快適に編集作業やカラーグレーディングが行なえます。また、従来は非力で使えなかったオーディオ調整も専用ソフトを丸ごと入れたかのような高機能化が計られています。
MacOSやWindows環境はもちろんLinuxにも対応しつつ、これらすべての機能が無料で手に入ります。
今回は映像の読み込みから書き出しまでのワークフローを行ないつつ、新規機能を紹介します。


「写真・集 その7」
 担当:川上・古島

古島さんは「群写類従-3」。
内容は、最近の写真展からの感想。

川上さんは「以紙伝心-3」。
前回の続きで、ご両親の遺品整理からの写真の話をします。



「HAL 9000は究極の人工知能か?続編」
 担当:廣瀬

前回は、スマートスピーカーを紹介しつつ、人工知能が僕らの生活や仕事をどう変えるか考察しましたが、今回は新しいiPhone 8、8 PlusそしてiPhone Xに搭載された新しいCPU「A11 Bionic」のAIの計算に最適化された演算ユニットの目的を推察しつつさらに考察します。9月になってGoogleが台湾HTCのスマートフォン部門を買収するというニュースが飛び込んできましたが、これも人工知能に関連あることととらえてこれを考察します。さらにもし勉強会までにApple Watch Series 3を入手できたらApple Watch単独で通話やデータ通信できるウェアラブル端末の未来を考察します。


2017年10月14日 土曜日 午後1時15分より午後5時まで
午後12時45分より受け付け

参加料
一般     2500円 
学生・教職員 1500円

新規受講者をともなった受講者は紹介者受講料無料
「お助けハンズオン」
ノートパソコンを持ち込み隣の受講者と画面を見せあって受講できる方は、500円割引します。

定員:20名

申し込み:photo_semantic@mac.com 
現在お申し込みとお問い合わせはメールでのみ受け付けています。
会場:江東区産業会館 第5展示室
   東京都江東区東陽4-5-18

2017年6月22日木曜日

2017年07月のDPG勉強会



2017年07月の勉強会のラインナップは以下の通りです。


「Affinity Photo は Photoshop の代役を果たせるか」
 担当:岩本

プロフェショナル向けに開発された Affinity Photo が Photoshop の代役を果たせるかどうかを検証します。
普段 Photoshop に求められる代表的な作業を Affinity Photo でも同じように作業をします。
その結果、Photoshop から Affinity Photo に移行できるかどうかの判断材料にしていただければと思います。
Affinity Photo は Appleから2015年のMacベストアプリに選ばれていますので信頼性は高いと思います。
またPhotoshop のように毎月の使用料を払わなくて良いのも魅力の一つです。
iPad用もPC用と同等の機能を持ったソフトウェアも最近発売になりました。
ますますAffinity Photo から目が離せない状況です。
Affinity Photo の詳しい情報は以下のURLより

「写真・集 その6」
 担当:川上・古島

古島さんは「群写類従-2」。
内容は、最近の写真展からの感想。

川上さんは「以紙伝心-2」。
ご両親の遺品整理からの写真の話をします。



「HAL 9000は究極の人工知能か?」
 担当:廣瀬

6月6日にAppleがHomePodを発表しました。HomePodは先行するAmazon EchoやGoogle Homeに続くスマートスピーカーと呼ばれる製品です。
iPhone登場時、ITの玄人筋からでさえ、期待より多くの批判が寄せられました。一方Amazon Echoは登場してすぐに多くのIT系ライターから絶賛を受けました。
iPhoneは批判をはねのけて、極めて短期間に社会を変えてしまいました。それではスマートスピーカーはIT業界の期待通り直ぐさま社会を変えるでしょうか?
今回はスマートスピーカーでなにが起こりうるか考察します。


2017年07月15日 土曜日 午後1時15分より午後5時まで
午後12時45分より受け付け

参加料
一般     2500円 
学生・教職員 1500円

新規受講者をともなった受講者は紹介者受講料無料
「お助けハンズオン」
ノートパソコンを持ち込み隣の受講者と画面を見せあって受講できる方は、500円割引します。

定員:20名

申し込み:photo_semantic@mac.com 
現在お申し込みとお問い合わせはメールでのみ受け付けています。
会場:江東区産業会館 第4展示室
   東京都江東区東陽4-5-18