2017年12月12日火曜日

2018年01月のDPG勉強会



2018年01月の勉強会のラインナップは以下の通りです。


「Photoshopを極める」
 担当:岩本

画像処理はできることなら避けたい。
しかし画像処理を施さなければならないのなら、簡単で最小限にしたいものです。
普段から使い慣れたPhotoshopも一工夫することで作業効率が上がります。
そんな一工夫をご紹介いたします。
今回は「不要なものを取り除く」場合を想定します。
「コピペ」「コピースタンプツール」「スポット修復ブラシ」「修復ブラシ」「バッチツール」「コンテンツに応じて塗りつぶす」
これらのツールをどのように使うかで仕上がりの精度も時間も大きく変わります。
改めてツールの特徴を理解して精度の高い画像処理を短時間にできるよう勉強いたしましょう。


「DaVinci Resolve・カラコレのキーフレームとトラッカーを理解する」
 担当:小島

DaVinci Resolveはフィルム映画の時代から世界中のポストプロダクションや編集室で使われてきたカラーコレクション(色補正)・カラーグレーディング(色調処理で映像の世界観を表現する)のアプリケーション(基本的に無料ソフト)です。
今回は色の調整から一歩進んだツールとして"キーフレーム"と"トラッカー"を紹介します。
野外から室内への移動撮影、蛍光灯の部屋から電球の部屋への移動など、カットの途中から露出やホワイトバランスが変わってしまった時はどんなツールで色調処理すれば良いのでしょう?
動き続ける人物の顔やクルマを撮影、逆に動かない建物や看板、空でもパン(カメラを横振り)やズームをしている時には色調処理した選択範囲が追いかけてくれないと困ってしまいます。
そんな時に使えるツールが"キーフレーム"と"トラッカー"です。
特にDaVinci Resolveの"トラッカー"は縦、横、回転だけでなく、ズームや遠近3Dにも追随する優れものです。
いくつかの実例映像で、その性能を実感してください。



「写真・集 その8」
 担当:川上・古島

古島さんは「群写類従-4」
昔の料理写真と、思わぬ出合い。

川上さんは「以紙伝心-4」。
20年以上未現像フィルムから…


「Google AssistantとApple Siri」
 担当:廣瀬

前回は、スマートスピーカーを紹介しつつ、人工知能が僕らの生活や仕事をどう変えるか考察しましたが、今回は実際にGoogle Home Miniを購入してAppleのSiriと比較したレポートをお届けします。スマートスピーカーもそれなりに使い道があるものの、Apple Siriがいかに優秀か実感する1ヶ月のレポートです。

2018年01月13日 土曜日 午後1時15分より午後5時まで
午後12時45分より受け付け

参加料
一般     2500円 
学生・教職員 1500円

新規受講者をともなった受講者は紹介者受講料無料
「お助けハンズオン」
ノートパソコンを持ち込み隣の受講者と画面を見せあって受講できる方は、500円割引します。

定員:20名

申し込み:photo_semantic@mac.com 
現在お申し込みとお問い合わせはメールでのみ受け付けています。
会場:江東区産業会館 第5展示室
   東京都江東区東陽4-5-18

2017年9月24日日曜日

2017年10月のDPG勉強会


2017年10月の勉強会のラインナップは以下の通りです。


「実践 Affinity Photo」
 担当:岩本

Affinity Photo の実践としてRAW データを読み込み、画像処理を行い最後に別名保存をする。
一連の作業工程を説明します。
その作業工程の中での画像処理内容はAffinity Photo がPhotoshop より得意とするツールを重点に紹介します。
「選択ブラシツール」選択範囲を自動選択するツール。
複雑な形をブラシでなぞるだけで簡単に選択することができます。
「インペインティングブラシ」不要物を消去するブラシ。
電線消しには最適です。
「グラデーションツール」Photoshop と違い、グラデーションのプレビューを見ながら始まり、終わりの色や濃度を変えられます。
もちろんグラデーションの中間点の移動、角度も画像を見ながら変更ができます。
このツールの使用により次第に明るくしたり暗くしたり、連続的に色調を変更する事が簡単に行えます。
上記にあげましたツール等を使用して料理写真では湯気の合成、レイヤーマスクを使用した各部分の明るさ、コントラスト、色調の調整を具体的に行います。
建築写真は電線消し、パースの修正、空の合成等を行います。

「メジャーアップデートした"DaVinci Resolve14"を紹介」
 担当:小島


映像の編集からカラーグレーディング、書き出しまでがオールインワンで出来てしまう"DaVinci Resolve"がver.14にメジャーアップデートしました。パフォーマンスが最大10倍速となり高スペックマシンでなくとも快適に編集作業やカラーグレーディングが行なえます。また、従来は非力で使えなかったオーディオ調整も専用ソフトを丸ごと入れたかのような高機能化が計られています。
MacOSやWindows環境はもちろんLinuxにも対応しつつ、これらすべての機能が無料で手に入ります。
今回は映像の読み込みから書き出しまでのワークフローを行ないつつ、新規機能を紹介します。


「写真・集 その7」
 担当:川上・古島

古島さんは「群写類従-3」。
内容は、最近の写真展からの感想。

川上さんは「以紙伝心-3」。
前回の続きで、ご両親の遺品整理からの写真の話をします。



「HAL 9000は究極の人工知能か?続編」
 担当:廣瀬

前回は、スマートスピーカーを紹介しつつ、人工知能が僕らの生活や仕事をどう変えるか考察しましたが、今回は新しいiPhone 8、8 PlusそしてiPhone Xに搭載された新しいCPU「A11 Bionic」のAIの計算に最適化された演算ユニットの目的を推察しつつさらに考察します。9月になってGoogleが台湾HTCのスマートフォン部門を買収するというニュースが飛び込んできましたが、これも人工知能に関連あることととらえてこれを考察します。さらにもし勉強会までにApple Watch Series 3を入手できたらApple Watch単独で通話やデータ通信できるウェアラブル端末の未来を考察します。


2017年10月14日 土曜日 午後1時15分より午後5時まで
午後12時45分より受け付け

参加料
一般     2500円 
学生・教職員 1500円

新規受講者をともなった受講者は紹介者受講料無料
「お助けハンズオン」
ノートパソコンを持ち込み隣の受講者と画面を見せあって受講できる方は、500円割引します。

定員:20名

申し込み:photo_semantic@mac.com 
現在お申し込みとお問い合わせはメールでのみ受け付けています。
会場:江東区産業会館 第5展示室
   東京都江東区東陽4-5-18

2017年6月22日木曜日

2017年07月のDPG勉強会



2017年07月の勉強会のラインナップは以下の通りです。


「Affinity Photo は Photoshop の代役を果たせるか」
 担当:岩本

プロフェショナル向けに開発された Affinity Photo が Photoshop の代役を果たせるかどうかを検証します。
普段 Photoshop に求められる代表的な作業を Affinity Photo でも同じように作業をします。
その結果、Photoshop から Affinity Photo に移行できるかどうかの判断材料にしていただければと思います。
Affinity Photo は Appleから2015年のMacベストアプリに選ばれていますので信頼性は高いと思います。
またPhotoshop のように毎月の使用料を払わなくて良いのも魅力の一つです。
iPad用もPC用と同等の機能を持ったソフトウェアも最近発売になりました。
ますますAffinity Photo から目が離せない状況です。
Affinity Photo の詳しい情報は以下のURLより

「写真・集 その6」
 担当:川上・古島

古島さんは「群写類従-2」。
内容は、最近の写真展からの感想。

川上さんは「以紙伝心-2」。
ご両親の遺品整理からの写真の話をします。



「HAL 9000は究極の人工知能か?」
 担当:廣瀬

6月6日にAppleがHomePodを発表しました。HomePodは先行するAmazon EchoやGoogle Homeに続くスマートスピーカーと呼ばれる製品です。
iPhone登場時、ITの玄人筋からでさえ、期待より多くの批判が寄せられました。一方Amazon Echoは登場してすぐに多くのIT系ライターから絶賛を受けました。
iPhoneは批判をはねのけて、極めて短期間に社会を変えてしまいました。それではスマートスピーカーはIT業界の期待通り直ぐさま社会を変えるでしょうか?
今回はスマートスピーカーでなにが起こりうるか考察します。


2017年07月15日 土曜日 午後1時15分より午後5時まで
午後12時45分より受け付け

参加料
一般     2500円 
学生・教職員 1500円

新規受講者をともなった受講者は紹介者受講料無料
「お助けハンズオン」
ノートパソコンを持ち込み隣の受講者と画面を見せあって受講できる方は、500円割引します。

定員:20名

申し込み:photo_semantic@mac.com 
現在お申し込みとお問い合わせはメールでのみ受け付けています。
会場:江東区産業会館 第4展示室
   東京都江東区東陽4-5-18

2017年3月24日金曜日

2017年04月のDPG勉強会



2017年04月の勉強会のラインナップは以下の通りです。


「Affinity Photoの実践編」
 担当:岩本

実際にAffinity Photoを使って画像処理を行います。
Photoshop と比べると使いにくい部分もありますが優秀な部分も多々あります。
この4ヶ月使ってみた感想を実際の画像処理を通してお話しいたします。

Affinity Photoの詳細は以下のURLから。
http://affinity.serif.com/ja-jp/photo/


「社長のコメント動画をサクッと撮ってよ!と言われても困らない音声収録法」
 担当:小島

最近の取材先では、ホームページやYouTubeに載せる簡単なインタビューやコメントの動画を撮って欲しいと頼まれることも増えたとか。
そんな時のために、覚えておきたい必要最低限の知識や設定方法を実演します。
一眼ムービーの内蔵マイクでは録れないのか?
クリップオンのガンマイクを生かす収録方法は?
5万円以下でワンランク上の収録を実現するマイク&レコーダーの実践方法とは?
時間がゆるせば、Final Cut Pro X上での音声クリップの扱い方を紹介します。


「写真・集 その5」
 担当:川上・古島

古島さんは「群写類従」。
内容は、4月からのソール・ライターの写真展と、エルメスの手仕事展を語ります。

川上さんは「以紙伝心」。
新聞に掲載された朱鷺の写真の話をします。


「AIとIoT」
 担当:廣瀬

1月勉強会でお話しした従来型パソコンとタブレットやスマートフォンの未来の方向性に大きな違いがあることの続きの話をします。
文字入力は、どんなにAIが進化して手書き入力や音声入力が速くなっても、プロのタイピストによる物理キーボードの入力速度を上回ることはなかなかできません。またAIは人間のように突拍子もないアイディアで人々を驚かす芸術を生み出すこともないでしょう。
今回は、ロングテールで消費者を魅了したAmazonが、AIを使ってメインストリームの覇者になろうとしているのではないかという視点でAIとIoTを語ります。


2017年04月08日 土曜日 午後1時15分より午後5時まで
午後12時45分より受け付け

参加料
一般     2500円 
学生・教職員 1500円

新規受講者をともなった受講者は紹介者受講料無料
「お助けハンズオン」
ノートパソコンを持ち込み隣の受講者と画面を見せあって受講できる方は、500円割引します。

定員:20名

申し込み:photo_semantic@mac.com 
現在お申し込みとお問い合わせはメールでのみ受け付けています。
会場:江東区産業会館 第4展示室
   東京都江東区東陽4-5-18
地図(ここをクリックして下さい)

2016年12月21日水曜日

2017年01月のDPG勉強会


2017年01月の勉強会のラインナップは以下の通りです。


「AFFINITY PHOTO」
 担当:岩本(廣瀬)

Photoshopを超えた画像処理ソフトAFFINITY PHOTOをデモします。
このソフトウェアは5年の開発期間をへて昨年デビュー。
そしてこの夏に機能強化をはかりバージョンを1.5にアップ。
RAW編集、レンズプロファイル、Photoshopとのファイルの互換性、ICCプロファイル、CMYK、HDR、フォーカススタッキング、等々・・。
しかも動作は軽くてサクサク機能します。
Photoshopではプラグインで処理していた機能が実装されていたりと機能の充実がはかられています。
もちろん、日本語にローカライズされています。
おまけに今なら4,800円で買いきり、Photoshopのように毎月支払いのサブスクリプションが無いのも嬉しいですね。

詳細は以下のURLから。

なお、廣瀬がAFFINITYをmacOSの標準画像管理アプリ「写真」でplug-inとして使うデモと、その他のDxOなどの「写真」アプリ用plug-inを使って無料アプリと侮りがたい機能があること紹介します。


「Final Cut Pro X 10.3にアップデート、その進化をみる」
 担当:小島

Final Cut Pro X(以下、FCP-X)がバージョン10.3へとアップデートしました。
インターフェイスも一新されてより使いやすく、FCP-Xの特徴である”マグネチックタイムライン”もver.2へと進化しました。いくつかの新機能の紹介やその使い勝手を解説します。
また、時間が許せばモンタージュやカットバックなど基礎的な編集知識もお話しします。


「写真・集 その4」
 担当:川上・古島

古島さんは「写真・集集」(しゃしんしゅうしゅう)
古い写真集を紹介します。

川上さんは写真家牛腸茂雄氏のアングルを語ります


「MacBook ProのTouch BarとSurface Studio」
 担当:廣瀬

MacBook ProのTouch Barの意味は、MicrosoftのSurface Studioと比較すると明確になると思います。タッチインターフェースとキーボードを共存させようとするMicrosoftと、物理キーボードを持つMacではキーボードからなるべく手を遠ざけない方が良いと考えるAppleとの哲学の違いを考察します。
さらにP3ディスプレイのカラマネにおける意義、Apple Watchでの自動ログインやHandoffとかContinuity、ユニバーサルクリップボードのデモも時間が許す限りおこないます。iPhone 7 Plusの被写界深度エフェクトとiPhoneのRAW撮影の紹介もできればやります。



2017年01月15日 日曜日 午後18時15分より午後21時まで
午後17時45分より受け付け
今回は、セミナーと新年会をかねておこないます。和気藹々と飲み食いしながらのセミナーとなります。皆さんのお持ち込み期待しています。

参加料
一般     2500円 
学生・教職員 1500円

新規受講者をともなった受講者は紹介者受講料無料
「お助けハンズオン」
ノートパソコンを持ち込み隣の受講者と画面を見せあって受講できる方は、500円割引します。

定員:20名

申し込み:photo_semantic@mac.com 
現在お申し込みとお問い合わせはメールでのみ受け付けています。
会場:江東区産業会館 第5展示室
   東京都江東区東陽4-5-18
地図(ここをクリックして下さい)

2016年10月3日月曜日

2016年10月のDPG



2016年10月の勉強会のラインナップは以下の通りです。


「DXO OpticsPro 11 の新機能の紹介」
 担当:岩本

DXO OpticsPro 11の新機能の紹介
DXO OpticsProの特徴は初期設定のままでニュートラルな画像に仕上げてくれることです。
今回のバージョンでよりその機能が強化されました。
Smart Lighting(シャドウとハイライトの補正) PRIME 2016(強力ノイズリダクション)を中心に行います。

「DaVinci ResolveとFusionの連携」
 担当:小島・中西

今回は中西さん with 小島さんのコンビで、Blackmagic Design社の"Fusion"と言うアプリを紹介します。Blackmagic Design社は、小島さんが紹介してきた編集&カラーコレクション・アプリ"DaVinci Resolve"を制作&無料配布している会社ですが、Fusionも無料で使えるモーション グラフィック&エフェクト製作アプリです。
DaVinciで編集後、Fusionに投げてクロマキー(切り抜き処理)やエフェクト処理、3Dタイトルを作ります。再度DaVinciに戻して、仕上げのカラコレ、そして汎用ファイルに書き出すと言う一連の流れを紹介します。

「写真・集 その3」
 担当:川上・古島

古島さんは「古誌懐集」(こしかいしゅう)
古い週刊誌を紹介します。

川上さんは「LPジャケットサイズはスゴイ!」で、昔のLPレコードジャケットを持参し、またそのサイズでプリントした自分の写真を介して「写真の大きさとは」を考察します。

「iPhone 7 PlusのズームとSuica(間に合わなかったらドイツとフランスでのApple SIM)」
 担当:廣瀬

iPhone 7 PlusのズームとSuicaについてお話しします。新iPhoneが入手できなかった場合、Apple SIMをドイツで現地キャリアで使用できたことの報告をします。
それと、新しいmacOSのノートが発売されればそれも入手するつもりなのでApple Watchでの自動ログインなどもデモできるかも知れません。(僕が持っている現在6年目のMacBook AirはBluetooth 4.1非対応なんで自動ログインはサポートしてません。HandoffとかContinuity、そして待望のユニバーサルクリップボードも2013年以降のMacが必要です)

2016年10月29日 土曜日 午後1時15分より午後5時まで
午後12時45分より受け付け
セミナー終了後懇親会があります。(会費別)

参加料
一般     2500円 
学生・教職員 1500円

新規受講者をともなった受講者は紹介者受講料無料
「お助けハンズオン」
ノートパソコンを持ち込み隣の受講者と画面を見せあって受講できる方は、500円割引します。

定員:20名

申し込み:photo_semantic@mac.com 
現在お申し込みとお問い合わせはメールでのみ受け付けています。
会場:江東区産業会館 第5展示室
   東京都江東区東陽4-5-18

2016年10月のDPG



2016年10月の勉強会のラインナップは以下の通りです。


「DXO OpticsPro 11 の新機能の紹介」
 担当:岩本

DXO OpticsPro 11の新機能の紹介
DXO OpticsProの特徴は初期設定のままでニュートラルな画像に仕上げてくれることです。
今回のバージョンでよりその機能が強化されました。
Smart Lighting(シャドウとハイライトの補正) PRIME 2016(強力ノイズリダクション)を中心に行います。

「DavinchとFusionの相互連携」
 担当:小島・中西

ほぼ無料で映像データを完成出来る動画ソリューションの紹介をします。プロクラスのユーザー必修ソフトです。FCPや、プレミア、アフターエフェクトなどとの違い(特にノード構築とレイヤー構築)も説明します。
まずdavinch側でカット編集を施し、エフェクト系が必要なシーンでFusion側へコネクト。エフェクトはタイトル作成、レンズエフェクトなど。
処理済み後Davinch側でカラコレしてレンダリング後終了となります。

「写真・集 その3」
 担当:川上・古島

古島さんは「古誌懐集」(こしかいしゅう、古紙回収に掛けてます),
古い週刊誌を紹介します。

川上さんは「LPジャケットサイズはスゴイ!」で、昔のLPレコードジャケットを持参し、またそのサイズでプリントした自分の写真を介して「写真の大きさとは」を考察します。

「iPhone 7 PlusのズームとSuica(間に合わなかったらドイツとフランスでのApple SIM)」
 担当:廣瀬

iPhone 7 PlusのズームとSuicaについてお話しします。新iPhoneが入手できなかった場合、Apple SIMをドイツで現地キャリアで使用できたことの報告をします。
それと、新しいmacOSのノートが発売されればそれも入手するつもりなのでApple Watchでの自動ログインなどもデモできるかも知れません。(僕が持っている現在6年目のMacBook AirはBluetooth 4.1非対応なんで自動ログインはサポートしてません。HandoffとかContinuity、そして待望のユニバーサルクリップボードも2013年以降のMacが必要です)

2016年10月29日 土曜日 午後1時15分より午後5時まで
午後12時45分より受け付け
セミナー終了後懇親会があります。(会費別)

参加料
一般     2500円 
学生・教職員 1500円

新規受講者をともなった受講者は紹介者受講料無料
「お助けハンズオン」
ノートパソコンを持ち込み隣の受講者と画面を見せあって受講できる方は、500円割引します。

定員:20名

申し込み:photo_semantic@mac.com 
現在お申し込みとお問い合わせはメールでのみ受け付けています。
会場:江東区産業会館 第5展示室
   東京都江東区東陽4-5-18